AWCとは?


 アジア・ライターズ・クラブ(AWC)は、アジアをテーマに取材やフィールドワーク、研究などに取り組むライター、フォトグラファーたちの情報交換とネットワークづくりを目的とするクラブ組織です。年齢、性別、国籍、プロ・アマを問わず、ライフワークとして継続して取り組むテーマを持った方なら誰でも入会できます。月1回の定例会の開催(原則として毎月第4土曜日)と、月刊AWC通信の発行、季刊ROJIN、ホームページなどでの執筆・発表などがおもな活動です。現在、クラブには学生から現役ジャーナリストまで、東京だけでなく全国から参加しています。会員は随時募集中。年会費は2000円で、定例会に1年間無料で参加できます(非会員の参加は1回500円〜)。この中にはAWC通信1年分の購読料(送料込み)が含まれています。また、AWC通信のみ購読をご希望の方は購読料年間1500円(送料込み)です。ただし、購読会員が定例会に参加される場合は別途参加費(1回500円〜)が必要です。


AsiaVoiceのトップページへ